成美このはVR|床特化アングル採用!女上司と究極の正常位SEX

成美このは2

【FANZA独占配信】スラリと伸びた手足を持つ長身スレンダー巨乳が魅力的な猫顔美人・成美このは(なるみこのは)ちゃんが、「Hunter」(監督:ボルボ中野)からリリースされたVR専用動画『【アングル革命!!】究極の覆いかぶさり正常位『床特化型』VR 憧れの美人女上司がボクの部屋、ボクのベッド、ボクの目の前で酔っ払って寝ている!!会社で密かに憧れていた美人の女上司を飲み会の帰りに勢いでボクの部屋へ連れて帰ってきてしまった!!』に登場!

飲み会での勢いもあってか、ボクは密かに憧れていた女上司を自分の部屋に連れて帰ってきてしまった…!

相当、酔っ払っていた彼女は、部屋に着くなり、何かとボクに愚痴りはじめたが、仕舞には疲れ果てたようで、酔い潰れ、ボクの目の前でぐっすり寝てしまった。

ところが、あまりに無防備な寝姿に思わずムラムラ来てしまったボクは、こんなチャンスは滅多にないと思い、ちょっとやそっとのアクションではまったく目を覚ましそうにないのを良いことに、欲望の赴くまま、寝ている彼女のカラダを好き放題弄び、調子に乗ってチンポまで挿入!

失敗に次ぐ失敗を重ね、ギリギリの密着ラインを攻め切ったかつてない究極の覆い被さり正常位が体験できる床特化アングルを採用!だから絶妙なカメラアングルで密着感アップ!

憧れのクールビューティー女上司の寝込みを襲い、ベッドの上では主導権を握り、最後の最後にメスイキしまくる彼女と仲良く昇天!

今までにないリアルな究極の覆い被さり正常位をお楽しみください。

成美このは:エロ画像ギャラリー

成美このはエロ画像1

成美このはエロ画像2

成美このはエロ画像3

成美このはエロ画像4

成美このはエロ画像5

究極の覆いかぶさり正常位『床特化型』VR 憧れの美人女上司がボクの部屋、ボクのベッド、ボクの目の前で酔っ払って寝ている!! VR動画レビュー

作品情報によると出演者名は伏せてあるが、その正体は、2020年6月にデビューしたスレンダー巨乳AV女優・矢乃かのんちゃん。

ちなみに、アイポケ専属で華々しいデビューを飾った彼女だが、その3ヵ月後には事務所移籍とともに名義を〝成美このは〟に改め、キカタン女優として再スタート(ツイッター)を切っている。

矢乃かのん名義で出演しているVR作品が既にリリースされているため、今作が彼女にとっての記念すべき初VRというわけではないが、「床特化アングル」というフレーズに興味が湧き、さっそく視聴してみたのでサクッと感想を述べておこう。

今作は女上司に扮した成美このはちゃんとのセックスを楽しむイチャラブ(?)モノで、本編は「前半(寝込み)」と「後半(イチャラブ)」にざっくり分けることができる2部構成となっている。

あまり本編に触れてしまうと楽しみが減るので詳細については避けるが、酔い潰れてしまった寝込みを襲う前半パートで、スーツ姿の女上司を攻めながら服を脱がしていく流れはなかなか良かったものの、パンツを脱がして大胆に局部を責めながらも目を覚まさない(挿入後も直ぐには起きない)演出には少々興冷めしてしまい、長々と無抵抗の上司を攻める展開は好みが分かれそう。

一方、後半パートは目を覚ました女上司とエッチを楽しむイチャラブセックスとなり、彼女のご奉仕プレイ(フェラ、パイズリなど)も一通り楽しめる展開となっているが、欲を言えば前半パートにはなかったキスのバリエーションなどがもっとあっても良かったかもしれない。

また、肝心の挿入シーンは、床特化アングルをウリにしている作品だけに、正常位メインの挿入ファックとなるが、VR向きとされている対面座位や騎乗位なども用意されているため、単調にならなかった点は◎

ただ、気になっていた床特化アングルに関しては、顔と結合部分が見切れることなく、自然な感じで見れたが、微調整が必要で、煩わしさや密着感(ちょっと遠い気も…)などを考慮すると、改善の余地はありそうな印象を受けたのは私だけだろうか。

前半の寝込みパートの演出や当たり障りのないプレイ内容は正直物足りなさを覚えるが、挿入シーンは正常位が一番というVRフリークなら、過剰な期待は禁物だが、床特化アングルを一度体験してみるのも良いかもしれない。

エロ動画ダウンロード

【VR】 【アングル革命!!】究極の覆いかぶさり正常位『床特化型』VR 憧れの美人女上司がボクの部屋、ボクのベッド、ボクの目の前で酔っ払って寝ている!!会社で密かに憧れていた美人の女上司を飲み会の帰りに勢いでボクの部屋へ連れて帰ってきてしまった!!(FANZA)【サンプル動画あり】

プロフィール
生年月日:1997年2月8日 / 身長:168cm / B:90(G)・W:57・H:85