ニック|AVがちょこっと楽しくなるAV男優プロフィール

ニック(アーミー)

File No.16:ニック(アーミー、29太郎)とは?

2018年にデビューしたと思われるクンニを得意とする筋肉(ガチムチ)系の若手AV男優。

※補足:「全日本クンニ選手権(第9回:特別賞 / 第10回:優勝)」や「クンニワールドカップ2019(第2回:優勝)」で受賞歴あり。

元自衛官(自衛隊)の肩書きを持っており、退役後は自らSOD男優募集の広告を探して応募し、汁男優となったが、初現場での働きぶりが評価されたことで、AV男優の道を本格的に歩み始めた(後にAVを通して親(父親)バレしたことも告白している)。

※補足:現在は「ニック」が正式芸名のようだが、過去には「アーミー」「29太郎」名義を使っていた時期もある。

若手が育ちにくいとされるAV男優業界において、男優歴はまだまだ浅いながら、異例ともいえる活躍を見せている若手ホープのひとりであり、本人曰く、デビューから2年半で既に約1,000本ほどの作品に出演したと某サイトのインタビュー(参考:デラべっぴんR)で答えている。

※補足:ゲイ向け動画(「ハンクチャンネル」など)にも出演経験あり。

また、自身の公式ツイッターは投稿数こそ少ないものの、現時点で1.5万人のフォロワー数を獲得しており、同業者(ベテラン勢を含む)のツイッターでフォロワー数が1万人を超えるケースは稀なことから、その注目の高さがうかがえるが、彼の名を一躍有名にしたのは、やはりなんといっても社会現象にもなった人気漫画『鬼滅の刃』のパロディAV『鬼詰のオメコ』で演じた股之助(元キャラ:嘴平伊之助)の存在感がハンパなかったことが挙げられる。

その点はニック氏自身も自覚しており、彼の代表作のひとつになりそうだが、作中で使用していた被り物は、視界ゼロで呼吸するのもしんどい状態で撮影に臨んでいたという裏話を後のインタビューで語っている。

また、ニック氏の顔が、知る人ぞ知る人気ユーチューバー・ゆゆうた氏(チャンネル登録者数は100万人超)にあまりにも似すぎているということで同一人物では?と話題になり注目されたことも、結果的にフォロワー数を増やすことにつながった(話題となった作品は奏音かのんちゃん主演の『僕のチンチンをイタズラした従姉のおねえちゃんに5年ぶりに会いにいく…「今日はSEXしたくてやって来ました」』)。

男優歴はまだまだ浅いニック氏であるが、どちらかというとドラマ作品への起用が目立つ中、過去には世界最高齢のAV女優とされる小笠原祐子(2016年に81歳でAVデビュー)さんや日本でも大ヒットしたポルノ女優・メロディー・雛・マークスの相手役も務めており、幅広いジャンルで活躍しているので、ニック氏に興味を持たれた方は、ぜひマニアックな作品などもチェックしてみてほしい。

ちなみに、汁男優時代からお世話になっていた監督(紋℃、沢庵、宇佐美忠則)の撮影現場では、良いところを見せようと緊張してしまうようなので、その辺も注目して作品を見てみると違った楽しみができるかも…。

また、阿川陽志氏が代表を務める無店舗型出張ホストクラブ『ブラックスワン東京』にも〝健一〟名義でキャストとして在籍しているので、興味があれば、チェックしてみてほしい。

ニック:エロ画像ギャラリー

ニック(アーミー)エロ画像1

ニック(アーミー)エロ画像2

ニック(アーミー)エロ画像3

ニック:出演作品一例

エロ動画ダウンロード

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 鷲尾めい(FANZA)

エロ動画ダウンロード

上司が出張で不在中、上司のJカップ妻とめちゃくちゃハメまくった3日間。 安齋らら(FANZA)

プロフィール
生年月日:1992年11月29日 / 身長:175cm / デビュー:2018年? / 前職:自衛官 / ツイッター