鮎川あみ|オカズになるAV女優の抜けるエロ画像!ベスト10

鮎川あみ

鮎川あみとは?

1999年11月26日にh.m.pからリリースされた『新・官能姫第8章』でデビューした元AV女優。

※補足:2007年に〝鮎川なお〟名義でデビューしたドSの元AV女優がいるが別人。

鮎川あみといえば、Eカップ(公称サイズ:90cm)のツンと上向きの〝ロケットオッパイ〟が印象的なAV女優であるが、彼女のロケットオッパイが、何より素晴らしかったのは、興奮すると乳輪までぷっくり勃起するという希少な美巨乳であった点である。

鮎川あみロケットオッパイ

そのため、特におっぱいフェチから愛された個性的なロケットオッパイで、当時、最も美しい美巨乳の持ち主であったと称える方も少なくない(ただ、形が良すぎる美巨乳は、少々人工乳のような印象を受けなくもないが…(天然モノであったら失礼!))。

また、スラリと伸びた手足や引き締まったメリハリの効いたスレンダーボディも目を見張るものがあり、同時期に活躍していたAV業界ではレジェンド的な存在の元AVクイーン・及川奈央と比較されるほどの抜群のスタイルを誇っていた。

そのため、茶髪や褐色肌というギャル系の容姿は好みが分かれるところだが、1990年代末から2000年代前半にかけて人気を博したAV女優であったことは間違いない(セル作品の多かった女優さんでもある)。

※補足:2004年2月にリリースされたVシネマ『女衒~ぜげん~I 荷物たちの卒業』で女優デビュー(?)もしている。

抜群のスレンダーボディと個性的なロケットオッパイを武器に『新・官能姫第8章』で鮮烈なデビューを飾った彼女は、一躍、注目を浴びる存在となり、その後は数多くの人気シリーズ(『口全ワイセツ』『逆ソープ天国』『女尻』『人間廃業』など)に出演するなど、人気女優の仲間入りを果たしている。

彼女の魅力はスタイルは言うまでもないが、見た目どおりの明るく飾らない素直な性格も好感が持てるところで、いざ本番が始まると、テンションの高い絡みで魅せてくれたところも魅力のひとつといって良いかもしれない。

残念ながら2004年7月に惜しまれつつ引退することになるが、流行り廃りの激しいAV業界で、当時、約4年もの間、第一線で活躍し続けた彼女は、一時代を築いた記憶に残るAV女優のひとりと言って良いのではないだろうか。

※補足:活動後期の彼女のギャラは1本260万円(バブル期のAV黄金期は別として、かなりの高額と言っていい)ほどだったという情報もあり、出演料からも当時の彼女の人気ぶりがうかがえる。

鮎川あみ プロフィール
生年月日  :1981年2月18日
身長    :162cm
スリーサイズ:B90(Eカップ)・W60・H86
活動期間  :1999年~2004年
愛称    :あゆ

鮎川あみ:オカズになるエロ画像!ベスト10

鮎川あみエロ画像1

鮎川あみエロ画像2

鮎川あみエロ画像3

鮎川あみエロ画像4

鮎川あみエロ画像5

鮎川あみエロ画像6

鮎川あみエロ画像7

鮎川あみエロ画像8

鮎川あみエロ画像9

鮎川あみエロ画像10

鮎川あみ:引退後の現在…

彼女の記念すべき引退作品がどれになるのかははっきりしないものの、2004年7月にAV女優から身を引いたと思われる鮎川あみは、j果たして今どこで何をしているのか・・・!?

どうやら後にストリップデビューを果たし、2009年頃まで舞台に立ち続けていたようだが、その後はぱったり表舞台から姿を消してしまったもよう。

今回も、これ以上、足取りを辿るのは難しいかと思いきや、なんと「鮎川あみ公式ブログ あみの素」なるブログを発見!

更新は2ヵ月ほど(2011年7月~8月)で滞っており、記事も4記事のみという散々なものであるが、引退後の近況がうかがえるのであればと、さっそく同ブログを拝見したところ、そこには日大大学在学中の1990年(平成2年)2月19日生まれの21歳というプロフィールが添えられていた。

・・・・・(沈黙)。

お笑い芸人ハローバイバイの関暁夫氏のキメ台詞を使わせてもらえば、同ブログを信じるか信じないかはあなた次第ということなるが、興味がある方は、一度閲覧してみてはいかがだろうか。

残念ながらそれ以外に引退後の彼女の消息が分かるような有力情報はなく、今どこで何をしているのかは定かではないが、当時、彼女のロケットオッパイやスレンダーボディをオカズにお世話になったという方は、改めて彼女の作品を手に取り、青春時代の思い出に浸るのも良いかもしれない。